【結婚式などの嬉しい場面に多い】電報について

電報って何?

電報というのは、元々電話がなかった時代の伝達手段とされていました。それから現代になるにつれお祝い事やお悔やみの気持ちを伝えるための手段となったのです。

電報と祝電の違い

電報

・弔電や祝電を総称して電報という
・利用する場面によって呼び方が変わる

祝電

・嬉しい出来事の場面で利用される
・ぬいぐるみなどを一緒に送れる

【結婚式などの嬉しい場面に多い】電報について

電報

電報を利用する場面で最も多いのは?

電報を利用する場面というのは結婚式が圧倒的です。遠くにいる、訳あって出席できないという方が電報を利用してお祝いの言葉を送るケースがほとんどです。また出産や誕生日でも利用されることもあります。

ウーマン

電報の送り方

実際に送ることになったら、どうしたら良いかわからない方も多いはず。実は電報を送るのはとても簡単なのです。専門のネットでお届け先や日時を設定して、メッセージを入力します。それから支払いをして発送という流れになります。簡単な流れで送れるので、嬉しい出来事があった時に相手に送ってあげると喜ばれますよ。

マナーはしっかり守ろう

送る前にかならずメッセージに誤りがないか確認することが最重要となります。また忌み言葉は送らないようにしてください。切れる・別れるというのは再婚を連想させるし、色々やますますなどの同じ言葉の繰り返しも再婚を連想させます。なので言葉使いには要注意です。

広告募集中